ホームページ・WEBシステム・ソフトウェア開発ができる福岡の製作会社

お問い合わせ

アクセスはこちら

社員ブログ

SEO&ホームページ無料診断

STAFFBLOG社員ブログ

【参加レポート】IT部会9月例会「ITの活用は、真の作業効率化となるのか?」~RPAを使った作業効率を考える~

2020.09.30  

カテゴリー:IT部会 セミナー 勉強会

こんにちは、スミリオンの長嶋です。
 
企業連携推進会・IT部会の9月例会に参加してきました。
 
今回のテーマは、
「ITの活用は、真の作業効率化となるのか?」
~RPAを使った作業効率を考える~
でした。
 
まず初めに、
有限会社エムケイブレーンの槇本様から
「RPAの位置づけについて」について話がありました。

マクロとRPAを比較しながら、RPAについて説明して頂きました。
・「機能」自動化のマクロ
 ⇒作りこむほど、「機能」の専門的な知識が必要
  覚えてもそのソフトしか通用しない
・「操作」自動化のRPA
 ⇒「機能」を理解しなくてもどこをどう「操作」すればよいかを指定すればよい
  どんなソフトでも通用する
 
 
次に
みよし税理士行政書士事務所の三好様から
「税理士事務所がRPAを使ったら・・・」の話がありました。
●税理士事務所の業務の説明
●使用ソフトの一覧
 
●やって欲しい作業
 ・申告作業(各ソフトから電子送信までの形式整え)
 ・お客様へのルーティン作業(一番、時間を取られている・・・)
 ・給与計算
 ・報酬請求書作成
 ・会計ソフト間での整え作業
 
●RPAに期待する事
 ・ミスがない業務進捗
  ⇒誰が行っても、一定水準以上の作業が可能
 ・使用ソフト代の削減
  ⇒使い勝手の悪いフリーソフトをRPAで自動化
 ・顧客数増加対応
  ⇒マンパワー頼みだと限界がある・・・
 
●導入の課題
 ・従業員へのサポート
  ⇒担当業務が軽減することによる従業員のモチベーションの低下
  
●RPAは、真の助けになるか・・・?
 ・RPAと税理士事務所業務(バックグラウンド作業)との相性は良い
 ・RPAを導入したからと言ってすぐに作業は効率化しない
 ・国もその方向性が垣間見える・・助成金など活用しやすい
 
 RPAへの投資は、税理士事務所として必要。
 
 ⇒「もし使いこなせなくても経験値が増える。期待大!」
 
 
最後にRPA企業3社から報告
 
リーディングエッジ株式会社:瓦田様
●ふくおか電子自治体共同運営協議会
 ⇒前年の結果、RPA商品を持っている企業数社で、自治体の業務を割り当てて、RPAを使って、業務を効率化する実証時実験を実施した。
  ⇒論理的には、100%自動化(確認作業で5%くらい残ったので、95%の改善を実現できた)
●デモ
●簡単偏(その1)
 ・県下30件のフランチャイズ向けデモ
  ⇒売上一覧をDBからExcelに自動記帳
  ⇒集計、データチェックなど
 
●簡単偏(その2)
 ・ホットペッパーのサイトを開いて店舗情報を自動取得
  ⇒店舗名、住所、電話番号などをExcelに一覧化
  ⇒自動操作+自動作業で効率化
  
●簡単偏(その3)
 ・ネットショッピングメール自動化
  ⇒さまざなメールを送受信して、効率化
   ⇒添付ファイル作成、
    メール送信(本文も自動作成)
 
●応用編(その1)
 ・新入社員もエントリーに取得に必要な情報を入手して
  社労士事務所のソフトでその情報を入力する
  ⇒e-Gov申請(電子申請)の入力も自動化
  
●応用編(その2)
 ・運送業向け:デジタコ(ツール)操作の自動化
 
 

FCEプロセス&テクノロジー:近藤様

・パソコンの中で、ルールが決まっていることを自動化できる
 
・RPAを始めたころは、金融機関が導入をしていた
 ⇒ビッグデータを持っているので、すんなり導入できた・・・
  ⇒大企業が使うっていうイメージが付いた!?
 
・ロボパットの特徴
 ⇒SEにたよらずに普通の社員でも使えることが特徴
 
・デモ:ゴミ箱を空にする
 
 

■オルトロボ:野下さま
さまざまなRPAツールを選定して、提供する企業
 
●RPAを活用するには?
業務整理、対象選定 ⇒ 作成、運用 ⇒効果検証
 
●業務整理、対象選定のポイント
 <業務整理の手順>
 ① 従業員に既存業務を書き出してもらう
 ② やりたくても出来なかった業務を追加してもらう
 
 <優先順位の付け方>
 ① RPAに向いているかどうか
 ② 作業時間が多いかどうか
 ③ 業務の中でヒトの関与が不要かどうか
 ④ ほかの方法で効率化しづらいものかどうか
 ⑤ RPA化する際の時間が短そうかどうか
 
●作成、運用のポイント
 <運用体制3パターン>
  パターン①:すべて外注
  パターン②:社内担当者+外注
  パターン③:すべて社内
  ⇒おすすめは、②or③
 
●効果検証のポイント
 <費用対効果に影響を与える4つの要素>
  
  
 <費用対効果とは?>
 定量効果:
 定性効果:
  ⇒費用対効果を見るときは定量効果だけを見る
 
 <効果測定(サンプル)>
 ⇒線が上がるのはロボットの数
 ⇒2~3年で線の逆転を目指す
 
●本格展開する際に活躍するツール
 ①AI-OCR
 
 ②タスクマイニング
  PCのログを取得して分析するツール
 
 
今回は、RPAの導入事例や、実際のRPAツールの説明、デモ、RPA導入時におけるポイントなど、多岐にわたるRPAに関することについて勉強することが出来ました。
実際にデモなどで動作を見ると、かなり具体的にイメージが湧きますし、業務がいろいろと自動化出来るのでRPAは今後必須のスキルになると改めて思いました。
今後もRPAに関しては、情報をキャッチアップしていきたいと思います。
 
では、また
 

最近の記事

⇒一覧を見る

カテゴリー

アーカイブ

タグ

旧ブログ